Chapter-7  ボク、ワタシの声を電波に乗せてみよう!
Swiper0
Swiper1
Swiper2

松原さんに誘われてジョーもスタジオにやってきた。

機械好きのジョーは役割や送受信の仕組みをすぐに理解し、自分もやってみたいなあと考え始める。

松原さんは「じゃあ、気軽にできるミニFMを始めてみましょうか」と提案してくる。

ラジオは「話す人」も大事だけど、「機材」も大事!

考えようタイム!
考えたーっ?それはねっ!
読んでスッキリ