日本ラジオ博物館

 

長野県松本市にある日本ラジオ博物館は、なんと個人が作った博物館なんだ! 館長の岡部さんが日本製のラジオを中心に約30年にわたり収集(しゅうしゅう)してきた資料が、放送の歴史の流れにそって、いろいろに分類(ぶんるい)されて並べてあるんだ。1970年代くらいまでの日本製を中心にラジオセット、電気蓄音(ちくおん)機、ステレオセット、部品、付属(ふぞく)品、文献(ぶんけん)類、関連するテレビ、音響(おんきょう)機器、無線機器、計測器がところ狭しと並んでいて、集めたそうした機器の数は3000点近くにもなるんだって! だから展示されているのはそれのほんの一部ということになります。それでも、実際に行ってみると、並べられているものの数にきっとびっくりしてしまうと思うよ。インターネットでもそうした展示を見ることができるので、次のサイトを開いてみてほしい。

http://www.japanradiomuseum.jp/index.html

 

 

Image
Image
Image