ラジオの企画書作(きかくしょづくり)りを感想文、作文作りなどに応用してみよう!

感想文や作文を作る時「なにから手をつけていっていいかわかんなーい!」と悩んでいる人はたくさんいるんじゃないかな。見たり聞いたりしたこと、感動した事は心の中でわかっているけれど、それを文章にするのはむずしいよね。でも、チャプター5のラジオの企画書(きかくしょ)の作り方で勉強した、番組を作ろうと思った「きっかけ(背景)」、「伝えたい事(テーマ)」、「伝える方法(コンセプト)」の3つを応用して心の中で感じた事を整理整頓(せいりせいとん)していくと、感想文や作文作りが楽にできるようになるんだ。

Image
本を読むのは楽しいけれど、感想文を書くのは苦手だなあって思ってる人はたくさんいるよねー

 

では、上に表示されてあるニッシーとヒバリちゃんの会話を例に、企画書(きかくしょ)作りに大事な3つのポイントに当てはめて感想文の中身を考えていこう。

 

はじめに、ニッシーとヒバリちゃんの会話の要点(ようてん)を確認するね。

 

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

悩みは?……夏休みの宿題。読書感想文を原稿用紙2枚書かなければならない。

その他の悩みは?……2学期が始まってすぐの1時間目(国語の時間)、教室で発表をする

→気分的に切羽詰(せっぱつ)まっている、あせっている。

ニッシーが本を読んで最初に感じた事は?……

この本を読んでいたら、地震の時、

ヒバリちゃん達とバラバラになった事を思い出した。

友達が近くにいるのはあたり前じゃないと感じた。

ニッシーが伝えたい人は?……

「友達が近くにいるのはあたり前じゃない」ことに気付いてない友達

伝えた人がどうなってほしい?……

優しくしてくれたら「ありがとう」とお礼を言う

困っていると気づいたら手をさしのべる

それを一言で言うと?……相手を思う気持ち(思いやり)を普段から持とうっ!

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 

何気ない二人の会話の中に「きっかけ(背景)」、「伝えたい事(テーマ)」、「伝える方法(コンセプト)」という3つの要素(ようそ)が入っている事に気づいたかな?

では、二人の会話の要点(ようてん)を「3つの要素(ようそ)」に当てはめてみよう。

 

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

1. 感想文(番組)の中身を考える(作る)うえでの背景(きっかけ)……

・地震の時、ヒバリちゃん達とバラバラになった

2. 感想文(番組)を通して伝えたいテーマ(全体を通して強く思った事)……

・相手を思う気持ちを普段から持とうっ!

※これはタイトルになる場合もあるよ

3.感想文(番組)を通してどんな風(コンセプト)に伝えたいか

(強く思った事をどんな風にすれば実現できるか)……

・友達が近くにいるのはあたり前ではないので、

優しくしてくれたら「ありがとう」とお礼を言うとか、

困っていたら「どうしたの?」と声をかけてみる。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 

さーて、気付くことができたかな。他にコンセプトに関係ありそうなことを、思いついたままメモしてみよう。

 

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

・友達だけじゃなく、お父さん、お母さんにもやってみようかな?

・てれてしまうけど、思い切ってやってみようと思った。

・私だけじゃなく、みんなにも友達は大切にしようってことが伝わるといいな。

・地震だけじゃなく、転校したり進学したりすると「会うことができなくなる」かもしれない。

などなど……。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

Image
思いつくことがみつからないときは、お友達話をしていると出てくることがよくあるぞ。

 

だいぶ、感想文の中身が決まってきたんじゃない?ついでに「感想文を書く量や発表する時間」なども整理しちゃおう。

 

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

ジャンル……感想文

発表する(放送される)場所の広さ(エリア)……わたしの教室の中(30名)

発表(放送)の時期……2学期始まってすぐ

発表(放送)する時間帯……国語の授業が1時間目なので午前中

書く量と発表(放送)する時間……

・書く量は原稿用紙2枚分なので800文字(400字詰め原稿用紙×2)

・読み上げる時間はだいたい3~4分

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 

さーて、整理整頓(せいりせいとん)が完了!最後に書く前の総仕上(そうしあ)げをしよう。

 

項目に当てはめた内容を組み合わせて感想文全体の流れを考えてみよう。これができると、もう書く事はほぼ決まったようなもの!

 

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

1.感想文なので、まずは読んだ本のタイトルと簡単なあらすじを紹介。

2.読んで感じたことを紹介。

……私は地震の後、いつも一緒にいるヒバリちゃんとは別の避難所(ひなんじょ)

に避難(ひなん)した。

ヒバリちゃんはいつもいると思っていたけれど、はなれてみると、

はげまし合ったり、笑い合ったり、時にはケンカをしては仲直りしたことを思い出した。

3.感じたあと、考えたこと

……いつバラバラになるかわからない。相手を思う気持ちを普段から持とう。

4.感じた事を実現させていくためどんな風にすればいいかを紹介

……友達が近くにいるのはあたり前じゃない。

……普段から大事にしなければならない。

だから出来ることから始めてみよう。

5.では、具体的になにをやるかを紹介

……優しくしてくれたら「ありがとう」とお礼を言うようにしてみる。

……困っていると気づいたら手をさしのべる。

……照れてしまうけど、思い切ってやってみようと思った。

……友達だけじゃなく、お父さん、お母さんにもやってみようかな?

6.まとめ

……地震だけじゃなく、転校したり進学したりすると「会うことができなくなる」

かもしれない。

私はこの本を読んで「友達が近くにいるのはあたり前じゃない」ことに気付いた。

みんなも、そんな風に思ったら、まず行動してみるととても気持ちがスッキリすると思う。ぜひ、やってみて!

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 

ここまで整理ができれば、ほら、もう、書けそうな感じでしょ?作文もレポート作成も同じように当てはめて応用すればずいぶん楽になるはず。ちなみに、誰かに説明するときや伝える時も同じなんだよ。ぜひ、やってみてね。

Image
ラジオ番組作りも感想文を書くのも、まずは整理整頓(せいりせいとん)が大事。

 

★★★付録:下に「作文用」と「レポート用」の項目の一例を示しておくね。

 

……作文用(作文は主に体験を元に作る)……

 

1.  発表する(放送)エリア……教室かな?

2. 発表(放送)の時期……2学期最初とか?

3. 発表する(放送される)時間帯……午前中、午後?

4. 発表(放送)時間……書く量と読み上げる時間に当てはまる。

・書く量は原稿用紙何枚かな?

・原稿用紙を読み上げる時間はどれぐらいかな?

5. ジャンル……作文

6. 作文(番組)を書く(作る)うえでの背景(きっかけになる体験)

……例:田舎でカブトムシをつかまえた

7. 作文(番組)を作るうえでのテーマ(体験を通して強く思った事)

……例:カブトムシが好きだという事がわかった

※これはタイトルになる場合もあるよ

8. 作文(番組)を作るうえでのコンセプト

(強く思った事をふくらます項目)

……例

・蜜(みつ)のある木にはカブトムシの他にハチやクワガタなどがいて、

時々、戦っている。

・カブトムシはその中でもかなり強い!僕もそうなりたい

9. 作文(紹介する)内容

……例

・僕は小さな頃から柔道をやっている

・強い選手に憧れる

・田舎に行った時、カブトムシが他の昆虫と戦っているところを見た

・カブトムシは強くてかっこいい

 

※最後に「カブトムシのように強い選手になりたい」などと言った「まとめ」や「もっと、カブトムシを知りたい」とか「強くなるためのトレーニング法をを研究する」など新しい疑問(ぎもん)、発見(はっけん)、今後の展望(てんぼう)などが入ると完成だね。

Image
「仲間と遊びに行った」ときに「着ている服が気になった」としたら、そこから「じゃあ、私が好きな服はなんだろう、作ってみたい服はなんだろう」とふくらませてみよう。

 

……レポート用(レポートは主にあれ?と思ったことや確かめたことを元に作る)……

 

1. 提出する(放送する)エリア……先生が読むので職員室かな?

2. 提出(放送)の時期……勉強がまとめに入った時期とか?

3. 読まれる(番組が放送される)時間帯……提出した後、先生が読む時

4. 読まれる(番組が放送される)時間……書くレポ―トの枚数に当てはまる。

5. ジャンル……レポート

6. レポート(番組)を書く(作る)うえでの背景(きっかけになった疑問)

……例:怪獣映画(かいじゅうえいが)は大人向けと言われているけど、ホント?

7. レポート(番組)を作るうえでのテーマ(疑問を解決していくうえの仮説)

……例:「恐ろしい怪獣(かいじゅう)」は

「恐ろしい災害、公害」の事ではないか?

8. レポ―ト(番組)を作るうえでのコンセプト

(疑問《ぎもん》を解決《かいけつ》してくための切り口、

検証方法《けんしょうほうほう》、実験方法《じっけんほうほう》)

……例:怪獣(かいじゅう)の特徴(とくちょう)と

災害(公害)の特徴(とくちょう)がにている点を探してみる

9. 紹介する内容(切り口、検証《けんしょう》、実験《じっけん》)

……例

・怪獣(かいじゅう)の特徴(とくちょう)と

災害(公害)の特徴(とくちょう)で似ている部分はないか?

・怪獣(かいじゅう)が現(あらわ)れる時期と

災害(公害)が発生する時期が似ていないか?

・怪獣映画(かいじゅうえいが)を製作(せいさく)した

関係者の本に「災害(公害)」と言った言葉があるか?

・日本と海外の怪獣映画(かいじゅうえいが)に違いがあるか?

 

※最後に「怪獣(かいじゅう)も災害も人間の力では簡単に太刀打ちできない。怪獣映画(かいじゅうえいが)が大人向けと言われるのは、災害が発生した時、人間はどのように対応していくのか?といった問題提起(もんだいていき)をしていると思う」などと言った自分の考えの「まとめ」、さらに「未来の怪獣(かいじゅう)は?」とか「他の災害や公害はどんなものがある?」といった、新しい疑問(ぎもん)、発見、今後の展望(てんぼう)などが入ると完成だね。

Image
ラジオは乾電池で聴くことができるけれど、連続でどれぐらい、動くんだろ。乾電池の種類によって違うのかな?それとも使う本数や大きさで違うのかな?